陰茎増大手術失敗

陰茎増大手術失敗

ヴィトックスα

公式ヴィトックスα


主成分のL-シトルリンが従来の2倍に!
100種類以上の成分を追加配合!
価格は今まで通り据え置きです。


公式ヴィトックスα

 

 注射における失敗

 

陰茎増大手術には注射をする方法もあるのですが、注射における失敗についてお話ししていきたいと思います。「注射で失敗とかあるの?」という方もいるでしょうが、注射でも失敗のリスクは常にあります。

 

注射で陰茎増大を目指していく場合、ペニスに直接ヒアルロン酸などを注入していくことになります。基本的に体の中に注入して害のないものを注入することになるのですが、それゆえに体内で吸収されてしまうこともあります。

 

もちろん、注射したそばから吸収されてなくなるということはありませんが、短期間のうちに吸収されて元通りになってしまうこともあるでしょう。

 

注射というのは注入するものや本数によって金額がかなり変わってきます。注射1本だけでもかなりのお金が飛んで行くことになります。

 

ある程度の期間は長持ちすることを前提に注射を選んでいる方がほとんどでしょうから、吸収されて短期間で元通りになるのは痛いでしょう。仕方ないこととはいえ、これも一種の失敗です。

 

また、単純に注入する位置などによって思ったような仕上がりにならないということもあります。これも注射における失敗と言えるでしょう。

 

場合によっては注射であっても、排尿障害などを引き起こすことがありますので注意が必要です。

 

 手術における失敗

 

先では注射における失敗についてお話ししましたが、手術による失敗というのも当然あります。手術の場合には、やはり失敗したときのリスクも高まります。

 

手術の場合、体の中に埋まっているペニスを引き出す手術、肥満体型の方の脂肪を吸引することによってペニスを露出させる手術があります。どちらも手術ということで、手術痕が思っている以上に目立ってしまうということもあります。

 

また、手術の場合、医療レベルの低いところで受けてしまうと、最悪の場合には死亡してしまう可能性もあります。特に、脂肪を吸引するタイプの手術だとそのリスクが高まると言われています。

 

他にも手術後にペニスに違和感が残るという方もいるようですし、術後の経過がよくないといった方もいます。注射だけでも結構なリスクがありますので、手術となってくるとそのリスクもより高まるものと考えておきましょう。

 

手術というとそれだけですべてをクリアにしてくれるようなイメージがあるかもしれません。しかしながら、やはり失敗のリスクは常にあるということを意識しておかなければいけません。